私の診療日誌(1)

診療の旅 2020/8/11-2020/8/14

長年勤めた病院を辞して、大げさな言い方かもしれませんが医者人生を一旦リセットする道を選びました。私のような人間は、理想とか理念とか、いわば太陽や北極星のように、必要になった時にいつでも自身の立ち位置を確かめられる目印が、人生において必要と考えています。それは個人の生き方としてもそうですが、組織の責任者となれば、なおさらのこと必要と思っています。今回、自ら病院を辞めることになりましたが、これまで胸に秘めてきた理想・理念を放棄したわけではなく、今もそのまま無傷の状態です。私としては、人生の理想・理念を真に実現するためにこそ生きる場・働く場を変えたつもりですので、気概は今までよりもなお一層強くなっているのを感じます。

医療はヒトのため、社会のためにある。このスローガンは人類が続く限り永遠に真実であり続けるでしょう。社会に健全な医療を安定的に提供し続けるためには、経営が安定していなければなりません。最近、COVID-19のパンデミックのため、多くの医療機関が苦しい経営を強いられています。しかしながら、このような時にこそ、地域における自院の真価がどこにあるのかを知ることが出来るのかも知れません。「人間万事塞翁が馬」という格言にあるように、運・不運は定まるものではありません。不運と思ったことが後に運を開くことがあるように、結局はどんな状況にあっても、生き方を誤らないことがその後の開運につながると信じていたいものです。

長い前置きになりましたが、いよいよ札幌美しが丘脳神経外科病院での私の診療がスタートしました。ANA直行便で、8月12日(火)に小松から新千歳に飛びました。お盆の時期でしたが予想通り、小松・新千歳いずれの空港もCOVID-19の影響でがらんとして異様な光景でした。新札幌駅前のホテルに泊まり、翌水曜と木曜の二日間、外来診療を行いました。まだ私の患者さんは少ないですが、私が執刀した患者さんが遠方から受診してくれました。ありがたいことです。

同院の理事長と院長のことを少し触れておきます。高橋理事長と米増院長は札幌医科大学卒の私の後輩で、脳神経外科医として経験豊富で実力派。外科医に珍しく、ともに人柄は温厚で、患者さんへの思いは熱く深いと直感しました。さらにどんな医療を提供したいか、どんな病院を作りたいかなどを聞かせてもらいました。彼らの明確な理念・計画を知ることができ、私に残された医者人生が彼らと共にあることを大変嬉しく思いました。

滞在中、札幌在住の弟夫婦と居酒屋で久しぶりに楽しい時間がもてました。97歳になる母親が札幌の施設に入所していますが、道外からの面会者の制限が厳しく、今回は顔を合わせることができませんでした。長らく顔を見せられずにいたのですが、コロナが落ち着くのを待つほかなさそうです。
8月14日(金)にANA直行便で新千歳空港から帰路につきました。およそ1時間半弱の飛行時間で、全体を通してさほど疲れを感じずに済みました。

こうして、私の最初の「診療の旅」が無事終わりました。第2回は、8月25日から28日を予定しています。

 

お気軽にコメントしてください