首・腰のヘルニアや狭窄症、すべり症などの治療や手術に関連した問題の相談を引き受けます。

医療相談を引き受けます

(1)対象

保存治療や手術治療を受けている途中、あるいはその後に発生した問題、例えば合併症などでお悩みの方が対象。治療結果に納得できない方の相談もお引き受けします。

(2)目的

治療中あるいは治療(手術)後に起きた症状悪化や合併症の原因を的確に把握して、①治療としての対処法を検討すること、②治療前の「説明と同意」のいわゆるインフォームドコンセントが適切であったかの判断、③医療過誤(ミス)の可能性についての検証などを行います。その他、個別相談にも応じます。

大事なことは、治療(手術)を受けた患者さんが、その結果について納得いく説明を主治医から受けているかどうかです。もし、そうでないなら「納得できる答え」を得るための専門的な助言が必要になるでしょう。一般診療では、残念ですが、そのような助言・助力を得ることは通常困難です。納得のいかない状態が長引くことによって、患者さんの主治医に対する不信感は増す一方となり、双方にとって不幸なことになります。
そこで、私が客観的な立場から、「患者さんが納得いかない結果」の原因を検証し、もし、それが主治医の説明不足や患者さんの誤解にある場合には、適切な説明を行うことで不要な軋轢を解消できるでしょう。
しかしながら、もし主治医の医療過誤によって引き起こされ、誠実な対応がなされないことによって発生した問題である場合には、その後の対応策についての相談をお引き受けします。

(3)方法

相談を希望される方は、ホームページのお問い合わせ(メール)から、どのような内容かをお知らせください。ご相談の内容に応じて、その後の進め方を決めさせて頂きます。最初の相談は無料ですが、その後、内容によっては有料になることをご了承ください。

相談のやりとりに際しては、相談内容の外部漏洩やプライバシーの侵害が起こらぬよう細心の注意を払います。

まずは、お気軽にご相談ください。

お気軽にコメントしてください