私の診療日誌(4)

新しい環境で、脊椎手術は軌道に乗り漸増中。

昨年8月に始まった金沢-札幌間を往復しての新しい診療スタイルが定着して、脊椎手術が漸増中です。患者さんは地元北海道を始め、本州、九州など全国各地から受診されています。これまでに約40例の脊椎手術をこなす中で、希な疾患の手術にも遭遇するなど、古希を超えてなお医学書を手にしながら病気治療の奥深さを味わっています。

現在は、毎週月曜が地元の能美市立病院で午前・午後と外来診療。火曜日が北陸新幹線と飛行機を乗り継いで金沢から札幌へ移動。札幌美しが丘脳神経外科病院では、水曜と木曜の午前は外来、午後は手術、金曜の午前は外来をやり、午後から新千歳-小松空路で帰宅しています。すでに1年が過ぎ、ようやく身体が慣れ、気持ちにも余裕ができました。

そういうわけで、滞っていたHPの記事投稿にエネルギーを割くことができそうです。まずは助走から始めます。

 

お気軽にご相談・コメントしてください。